株式会社アヴェントハウス

2022年3月 建築業界トピックス

建築知識

2022.03.02

すべての建築物に省エネ基準適合義務化

国土交通省
 
2025年度以降に新築される原則すべての建築物を対象に、省エネ基準適合を義務付ける。
わずか1年での変更に『脱炭素』の旗印の強さが伺えます。
 

  

省エネ住宅新築で100万円補助

子育て世代や若い夫婦が省エネ性能の高い住宅を購入する際、最大100万円を補助する制度を設ける。
 

  

賃貸アパートの『災害対策』とは

 
④豪雨から守る

ゲリラ豪雨 :局地的大雨
集中豪雨  :局地的で短時間の強い雨、つまり限られた地域に対して短時間に多量の雨が降ること
線状降水帯 :積乱雲が線状に次々に発生して、ほぼ同じ場所を通過・停滞する自然現象

◆予報用語
①やや強い雨   10〜20 mm/h ・ザーザー降る
②強い雨     20〜30 mm/h ・どしゃ降り
③激しい雨    30〜50 mm/h ・バケツをひっくり返したように降る
④非常に激しい雨 50〜80 mm/h ・滝のように降る
⑤猛烈な雨    80〜   mm/h ・息苦しくなる・恐怖を感じる
  

ハザードマップで敷地の状況チェック

 
ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したもの。
洪水・内水・高潮・津波・土砂災害・火山 などがあります。
 

関連記事

建築知識

2022.02.08

賃貸アパートの『災害対策』とは

地震から建物を守るには?     ■建物が揺れるメカニズム …

一覧ページに戻る arrow_right

TOP PAGE