株式会社アヴェントハウス

2022年9月 建築業界トピックス

建築知識

2022.09.05

東京都が太陽光発電設置を義務付け

東京都環境審議会

戸建て住宅を含む延べ面積2000㎡未満の新築中小建築物に太陽光発電設備の設置を促す新制度
・都内で1年間に供給する新築中小建築物の総延べ面積2万㎡以上の住宅メーカーやディベロッパーを対象
・事業者単位で設置義務量を設定する
 

  

ウッドチェンジ協議会が開催

東京都環境審議

 

  

神宮外苑地区におけるまちづくりに関する要請

小池百合子東京都知事

 
『神宮外苑は、大正15年の創建以来、4列の銀杏並木から聖徳記念絵画館を臨む象徴的で風格のある景観や、2回にわたるオリンピック・パラリンピックの記憶などとともに、みどりとスポーツの拠点としての歴史を積み重ねてきました。創建に当たっては、かの渋沢栄一翁らの尽力により、国民の献金・献木などにより造営されました。今後のまちづくりにおいても、その歴史を継承するとともに、みどりやスポーツに多くの人びとが触れる機会を作ることで、新たな文化として発展させ、開かれた外苑として次世代に繋げていくことが重要です(一部のみ)』
 

  

公共空間の拡大・質の向上につながる民地の開放・施設の改修等を推進

居心地が良く歩きたくなるまちなか創出のための特例措置【拡充・延長】
官民一体となった「居心地がよく歩きたくなる」まちなか創出のため、公共施設の整備等と一体的に行われる民地の開放・施設の改修等に関する特例措置(固定資産税・都市計画税の課税標準額を5年間1/2に軽減)について、対象となる償却資産を追加等した上延長。(〜令和6年3月31日)

関連記事

建築知識

2022.03.02

2022年3月 建築業界トピックス

すべての建築物に省エネ基準適合義務化 国土交通省   2025年度以降…

建築知識

2022.05.30

2022年5月 建築業界トピックス

資材価格が異例の上昇 木材や鋼材の価格が上昇するなか、ロシアのウクライナ侵攻が勃…

一覧ページに戻る arrow_right

TOP PAGE