SOUND
INSULATION
遮音性

ABOUT SOUND INSULATION遮音性(床)について

低コストで住宅業界
ハイレベルの遮音性能

クイエートQUIETO50

入居者のストレスの一番の原因となる上階からの足音などの問題を解消するため、
業界屈指の性能を誇る床構造を開発、界壁は吉野耐火遮音システムを採用としました。(オプション仕様)
実用新案登録 第3227408号

《階床》

LH-50(重量床衝撃音 遮音性能)

LL-45(軽量床衝撃音 遮音性能)

[ALC床125+各種遮音層+防振天井吊金物]

遮音性能比較

LH

お子様が飛び跳ねたり、走り回ったりする時の鈍く低い音を示します。

LL

スプーンなどを落とした際に響く、軽めで高音域の音を示します。

数値が小さいほど
遮音の性能が向上します

※上記データは、一般財団法人建材試験センター中央試験所で測定した実測値です。
必ずしも現場での性能を保証するものではありません。

POWER TO ABSORB SOUND遮音性について(界壁)

QUIETO50

隣戸の生活音が
気にならない界壁構造

遮音性能 D-50

吉野耐火遮音システム 採用

遮音性能の評価はD値を用いて行うことが一般的です。
D値とは、JIS A 1419:1992*に規定される遮音等級で、
数値が大きいほど遮音性能が高いことを示します。

標準仕様

音を遮る力(床)

住戸間トラブルの一番の原因となる音の問題を少なくするために、2階3階を遮音床構造に。
足音や物音の階下への伝わりを大幅に削減します。

軽量気泡コンクリートの上に厚さ4ミリの遮音マットを敷くことで、界床の遮音性を高めています。

音を吸収する力(界壁)

住戸間の界壁には、遮音用のロックウールを充填。
話し声やテレビの音など、互いの生活音が気にならないよう十分な配慮をしています。

二重張りのボード内に隙間なく充填された厚いロックウールが住戸間の遮音性と断熱性を高めます。

TOP PAGE