Flow

建築工程

1. 地盤調査

弊社では「スウェーデン式サウンディング試験」で1棟ごとに綿密に地盤調査を行います。そのデータを基に構造計算を実施して最適な基礎仕様の設計をします。

2. 地盤改良工事

ご契約後の地盤調査の結果、建築地 の地耐力をもとに地盤改良の要否を決定します。地盤の悪い土地に対しては基礎補強のための地盤改良工事を施します。

3. 柱状改良杭頭

地盤改良工事にはいくつかの工法がありますが、写真は基礎通りに一定間隔で円筒状に掘削し、セメント系固化剤を混入して地中に強固な柱を作る「柱状改良工事」を施した例です。

4. 基礎配筋工事

捨てコンの上に、基礎本体の鉄筋を組んでいきます。
建物の中で一番大事といわれる基礎は、地耐力と建物荷重をもとに構造計算によって配筋方法を決定します。

5. 基礎型枠工事

基礎配筋後、鋼製型枠を組みコンクリートを打設します。
基礎と土台を結合する”アンカーボルト”はアンカープレートによって固定し、精度を高めています。

6. 基礎内部防湿コンクリート工事

型枠工事が終わると、基礎内部には防湿シート、メッシュ筋を敷き込み、コンクリートを打設します。
地面からの湿気を防ぎ、結露やカビなどの発生を抑制します。

7. コンクリート強度試験

現場ごとのコンクリート強度を確認するため、アヴェントハウスの全現場において、基礎工程でコンクリートの試験体を2回採取し、定められた試験場で強度試験を行っています。

8. 基礎完了

大切な資産である建物の耐久性を高めるにはまず基礎が大切です。
アヴェントハウスでは規定の養生期間をしっかりととり、コンクリートの強度を引き出します。

9. 鉄骨組立完了

躯体のねじれやゆがみに強く、耐震性・ 耐久性の高いJFEフレームキットはボルトによる接合なので、現場施工での溶接技術の差による施工品質のムラがなく安心です。

10. 床ALC敷込工事

上下階の遮音性や防火性を確保するため、2階以上の床にALCコンクリートを使用し、さらにその上に遮音マット、合板を張り、フローリングなどの床仕上げを施します。

11. 屋根下天井断熱材施工

1階床下と最上階の天井には充分な断熱材を充填し、建物全体の断熱性を高めています。
夏の直射日光や真冬の床下の寒気から居住空間を守り、快適な住み心地を保ちます。

12. 内部造作仕上げ

耐震・耐火・防音に優れた構造体により形作られる居住空間は、イタリアンデザインの思想を採り入れたシンプルでモダンなインテリアに。
設備・仕様も厳選いたします。

13. 完成

完成後、お引渡しとなります。

14. アフターメンテナンス

弊社では、お引き渡し後2年間で3回の無料定期点検を実施するなどアフターメンテナンスも充実しております。詳しくはこちらをご覧ください。